スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1週間が過ぎて。。。

2010/06/13 Sun 19:17

こむぎが旅立ってもう1週間が過ぎました。
きのう、土曜日は前の週のそのときを思い出して涙が出てきました。
金曜日の夜に家に連れて帰り、一睡もせずこむぎを見守っていましたが、
体は麻痺しているので動かず、時々顔だけ少し動いて、
目はしゅんまくがあがっていた(まぶたが下がる)ので黒目が半分も見えないほどで、
あいているのかつぶっているのかがよくわからず、
何度も覗いて見ていました。

でも息はとても静かでお腹だけでは膨らんだりしぼんだり・・・
このままいつ息をしなくなるかわからないので目を離せないと思い、
ずっとずっと見ていて、時々頭をなぜて、呼びかけていました。

夜が明けてこむぎはそのまま静かな息をしていて、
もしかしたらまだ1~2日はこのままかもしれないと
治療の点滴はもうしたくないけれど、
水分補給はしてあげないと・・・そんなことを思い、
病院へ行く用意を始めたところ、ふと見るとこむぎはもう息をしていませんでした。

排泄をさせたのも負担になったのかもしれない。。。

それが10:50ころ、9:30ころには娘の友達がこむぎに会いに来てくれて、
車の音に喜んでいて、声にならない声でワンワンと言っていたので
私が呼びかけていた声はしっかり届いていたのだと思います。

『こむぎ・・・こむぎ・・・よく頑張ったね』
麻痺していく自分の体をどう思っていたかはわかりませんが、
きっと動かなくなったことが不思議だったのでは?
ワンコは死への恐怖がないと聞きますが、
私たち家族ともっと一緒にいたかったと思ってくれただろうか?

いつも控えめに甘えてくるこむぎ、
抱っこをされると赤ちゃんのように顔を私の肩にのせてまったりして。。。

写真をみているとそのこむぎがいないことが寂しくて寂しくて。。。



スポンサーサイト
ワンコ
« 小夏 | HOME | 友達のワンコ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。