スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

悲しいです。。。

2009/09/09 Wed 08:02

HPを始めて知り合ったワンコ友達、
オフ会で2度会ったことのあるワンちゃんが8月に亡くなりました。
ずっと日記をお休みしていて、昨日の日記でそれを知りました。

気づいたときにはもうガンの末期状態で心臓疾患があったこともあり、
無理な手術などはせず、最期ママの腕の中で亡くなられたそうです。
飼いはじめた経緯もあり、本当に可愛がっていて、
単身赴任中のパパさんと会えなかったことをとても悔やんでいるようでしたが、
きっとワンちゃんとパパさんは心が通じ合い、
会えなくてもこれまで十分な絆があったことでしょう。

実はこの言葉はjudyのアニマルコミュニケーションで言われたことです。
我が家も全く同じ状態で気づいたときにはもう転移したであろう腫瘍が肺いっぱいに広がり、
告知されてから4日で逝ってしまい、
あと1週間待っていてくれたら帰省するパパに会えたのに・・・って!

でも赴任先へ戻るパパは
「judyにもしものことがあっても後悔がないし、気持ちは通じてる」って!
そしてjudyも
「パパとは心が通じてるから会えなくても大丈夫だったよ」って!
お互いが同じ気持ちでいたことに私はほっとしました。

お友達も今はつらい日々を送っていますが、
きっと時間が解決してくれて、ワンちゃんの思い出を笑って話せるときが来ることと思います。
ご冥福をお祈りします。

ワンコが縁でお友達になった方々のワンちゃんたちも半分以上が老犬となり、
つらい報告や悲しい知らせを聞くことも多くなりましたが、
これまたワンコ友達の言葉ですが、
「自分が先に逝くよりワンコを見送ってあげられることは幸せ」と!
確かにそのとおりです。
とてもとてもつらいことだけど、
自分が元気でワンコを見送ることができるのは幸せなことと思えばいいのだと
judyを見送ったときに何度も自分に言い聞かせました。


スポンサーサイト
ワンコ | コメント(6)
コメント
とてもジーンときます。
ワンコを見送ってあげられるのは幸せ、、
ほんとそうなんですよね。
でもやっぱり別れの辛さは、時が解決してくれるのを
じっと待つしかないかな。。。
一週間経ち一ヶ月経ち一年経ち・・・
段々泣かなくても思い出せるようになる感じですよね。

リリーも、私達が帰宅するのを待って
息を引き取りました。留守の間に旅立って、
私に後悔させない為の親孝行だったんだなぁって、、
泣きながらありがとうって言ったのを思い出します。

お友達のワンちゃんのご冥福、心からお祈りします。
「自分が先に逝くよりワンコを見送ってあげられることは幸せ」
この言葉ずっと覚えておきます。

お友達さんも早く元気になれるといいですね。。
ご冥福をお祈りします。
そうだよね・・・
バクもジュディちゃんもルビーちゃんも、最初にyoshieさんと会った時に飼ってた子たちは、みんな虹の橋を渡っちゃったね

ママはルビーちゃん命だったから、ルビーちゃんの死が受け入れられないみたいだね
もうネットには戻ってこないかもね・・・
それは仕方ないとしても、あまり悲しんでばかりだと、ルビーちゃんも悲しくなっちゃうだろ~から、少しでも元気になってくれるといいんだけど・・・

散歩で会うママも、今年娘ちゃんが嫁いじゃって、2歳のフレブルと2人暮らしだったんだけど、親戚で不幸があって初めてペットホテルに預けたら、迎えに行く前に虹の橋を渡っちゃったんだって!
急だったし原因もはっきりしないし、ママは自分を責めまくってペットロス状態で大変みたい・・・
知ってるわんこの訃報って、ホント自分のことみたいに悲しいよね
*nagomiさん*

resが大変遅くなってしまいごめんなさいねm(_ _)m

別れの辛さは、時が解決してくれるのを じっと待つしかない・・・そのとおりだと思います。

リリーちゃんはnagomiさんの帰宅を待っていてくれたんですね~!
本当に親孝行な子でしたね♪

nagomiさんのところはりりーちゃんの妹たちが増えて、
きっとリリーちゃんもお空から微笑んでいるように思います(^_^)
*かよちゃん*

resが遅れてしまい申し訳ありません・・^_^;

「自分が先に逝くよりワンコを見送ってあげられることは幸せ」
今の自分の年齢からするとワンコが先に逝ってしまうのは自然なことなので
仕方がないといえばそれまでですが、
自分が見送ってあげられるならそれは幸せなのよね~(^_^)

でも悲しみが癒えるのはやっぱり「時」なんでしょうね。
*himeさん*

resが遅くなって大変申し訳ありません。。。

本当に我が家で会ったときに飼っていたワンちゃん、
みんな虹の橋を渡っちゃったね 。。。。
二回目、名古屋で会ったときはゆきち君がいたね♪

ルビーちゃん、大人しくて可愛くて本当にママに愛されて、
告知を受けてから早い旅立ちで
死が受け入れられないのもわかるけど、
ママがあまりに悲しんでいるとルビーちゃんも安心できないね。。。

散歩で会うママさん、2歳のフレブルを亡くしちゃったなんて、
娘さんも嫁いで、子供のように一緒に暮らしていただろうに!

ワンコの訃報って、いつも自分のワンコと重なって本当に悲しいね(T_T)/~~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。