スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

フランス*パリ Ⅱ

2009/01/10 Sat 20:52

ランチを済ませて、またセーヌ川を渡り、コンコルド広場へ♪



そこから凱旋門へ向けひたすら歩いて。。。。
この距離はまだ数キロですが、朝から数えるとその数キロも5~6kmにはなってるはず^_^;
シャンゼリゼ大通りまでには今年初めてというクリスマスマーケットみたいなお店がたくさん出ていました♪
そのお店の建物は白で統一されて、見た目も綺麗でさすがパリ♪
お店で売っているものは正直あまり心惹かれるものはなかったけれど、
冬物雑貨やソーセージ屋さんなど各国のいろいろなもので
ドイツのクリスマスマーケットと違うのは外国のものが売られていたことかな?

Tちゃんの憧れだったパリ、やっぱりおしゃれな街でした♪
シャンゼリゼ通りはカフェがいっぱいで、ブランドショップもあり、
この円高、計算するとやっぱりだいぶお得だし、お覗かないわけにはいかないし~~(笑)
今回のフランスまでの旅行は昨年の10月で銀婚式を迎えた記念に計画したものなんです。。。。^_^;
一緒のTちゃんとM君も私たちより5ヶ月違いで銀婚式を迎えるし、
お互い、こんなときじゃないとね~~ってことで思い切ってv(o^▽^o)v

買い物が終わる頃には薄暗くなってきて、
凱旋門に着くころは写真のようにすっかり夜景となっていました。
その前に明るいうちの凱旋門も写真におさめたくて、
信号を渡り広い道路の中央(分離帯のある場所)から正面の凱旋門をパチリ(^-^)v
考えることはみんな同じでそのスペースからはみ出そうで・・・危ない危ない^_^;

フランス軍の勝利と栄光を讃えるために皇帝ナポレオン1世の命により建造され、
その後の失脚、王政復古や7月革命などがあり、
激動の時代を経て、1836年に完成したが、ナポレオン1世は凱旋門をみることはなく、
セント・ヘレナ島で没したナポレオンは1840年に凱旋門をくぐり、
パリに帰還し、アンヴァリッドに埋葬されました。
第一次世界大戦では戦死した無名戦士の遺体が埋葬され、
第二次世界大戦ではドイツの占領からパリを解放したド・ゴール将軍が門を通って行進したそうです。

旅行者にとっては観光スポットの一つですが、
フランスの戦いの歴史を刻んだ記念すべき建物ということ・・・・が本に書かれていました。

凱旋門の280段ほどの階段を上って展望台へ(*^^)v
散々歩いた後でこの階段・・・みんなに迷惑をかけないように頑張りました(^-^)v
でも少し前には「やっぱり断念しようかなぁ~」と弱音を吐きそうで・・・(^^;
もう一生来られないかもしれないと思うとやっぱり上ってみようと挑戦したわけです
途中に休憩所があるので、なんとか無事展望台へ到着
本によってはエレベーターがあると書かれていますが、
ハンディキャップのある方が利用できるということでした。
でも下りるときは利用させてくれたんです~~ラッキー

凱旋門を中心に12本の通りがあり、一番にぎわっているのがやはりシャンゼリゼ通りで
とっても素敵な夜景を堪能させてもらいました♪
遠くにはクリスマスバージョンでブルーにライトアップされているエッフェル塔も見えて、
最高のパリの夜景でした

次はそこからエッフェル塔まで。。。。
エッフェル塔はフランス革命100周年を記念して、
1889年に開催されたパリ万国博覧会にたてられたが、
反対する者が多かったため、1909年に買いたいされる予定が、
発明されたばかりの無線電信電話のアンテナに問うが利用できるとなり、
その後は1916年には太平洋横断無線通話に成功し、
1921年にはラジオ放送を開始し、なくてはならないものとなりました。

残念ながら展望台には上りませんでしたが、
ちょうど20:00には塔全体がキラキラ光るお星様で一杯になりました

それから遅めの夕食を済ませてホテルへ♪
エッフェル塔そばのビストロでお店を探していると
日本語メニューのあるお店が数件~きっと観光客が多いのね~~(^^;
わりと英語にも対応してくれて、なかなか良い感じのお店で、満足満足♪
だけどステーキ、ちょっと硬かった・・・(笑)
セットについていたサラダもトマト2個分はありそうな量でびっくり
ドイツではもう食事の量に驚かないけど、フランスも?とちょっとびっくり(^^;

ホテルに着いてお風呂に入り、その後はもう爆睡でした。。。。。
スポンサーサイト
旅行 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。