スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
二泊三日のフランス*パリも最終日は
午前中半日バス観光でヴェルサイユ宮殿です。

この観光バスは日本人向けで、日本語ガイドがあるということで
メトロやRER(国鉄みたいなもの)を乗り継いで行くより時間も読めるし、
迷わずに済むしってことで4人で参加v(o^▽^o)v
この日の夜はに乗り遅れるわけに行かないし~(^^;
てっきり日本人のガイドさんかと思ったらフランス人の男性で
流暢な日本語でガイドしてくれましたヽ(^o^)丿

パリ市内からヴェルサイユ市まで1時間もかからず確か40分くらいだったような。。。
ヴェルサイユ市は人口10万ほどで日本の奈良市と姉妹都市だそうです♪
パリ市内から少し離れるだけで閑静なところで宮殿の周りもいい感じ♪

「王室礼拝堂」は王太子ルイ(のちに16世)とマリーアントワネットの婚礼が行われた場所、
その隣がヘラクレスの間で、一列になった客室群は
ヴィーナスの間、ディアーヌの間などギリシャ・ローマの神々の名にちなんだ名前がつけられていて、
有名な『鏡の間』、クリスタルのシャンデリアや豪華な調度品など当時最高級品が置かれていたようです。
王の寝室、マリーアントワネットの寝室、ベッドの高さはやけに高く、
縦のサイズが短くてちょっと違和感あったけど~(笑)
短いといっても私ならちょうどいいサイズかな?o(*^▽^*)oあはっ
何でも上半身は起きた状態で寝ていたとか・・・・・?
庭園もとっても素敵でしたが、いい写真が撮れませんでした。。。全体像がわかりません。。。

ヴェルサイユからパリ市内へ戻る途中にセーヌ川の中洲に「白鳥の小径」という1kmほどの散歩道があります。
そして自由の女神が~~♪バスの中からの撮影で不鮮明ですが・・・^_^;
フランスがアメリカに贈った自由の女神のお返しに
ニューヨークにある自由の女神の1/7の大きさのものが在仏アメリカ人より贈られたそうです。


20081220mix01.jpg

お昼頃にパリ市内に到着してお洒落にカフェでランチといきたいところでしたが、
うちのパパ、なぜかラーメン食べたいって(-"-)
TちゃんとM君は日本でいくらでも食べられるけど、付き合ってくれて。。。^_^;
でもドイツのラーメン屋さんよりお値段がお安くて得した気分(笑)
その後は別行動で、私たちはオペラ座へ、
TちゃんとM君はオペラ座の裏にあるデパートへ♪

それがオペラ座、どうもオペラの公演があったようで中の見学できませんでした(--;)
外観だけながめて、私たちもパリ一番のデパートと言う『ギャラリー・ラファイエット』へ♪
筒状で中央が吹き抜けで巨大ツリーが最上階まであったような気がする~~!!

それから昨日買い物したものを受け取りにまたシャンゼリゼ通りまでテクテク。。。
でもこの日は二回カフェで休憩させてもらいました(笑)
一度目はメニューに英語もあり、カフェオーレを♪
二度目は一度目のお店でお隣の女性二人連れが頼んでいた「ショコラ」を♪
ココアみたいなホットチョコみたいな、とっても美味しかった~ヽ(^o^)丿
パパはどうしてかコーラ~(笑)
陽も陰ってきて寒かったのに~~(^^;
そして待ち合わせ場所の観光会社へ~ここに荷物を預かってもらっていたので
お礼を言って、タクシーでド・ゴール空港まで♪

弾丸ツアーなようなスケジュールのパリ滞在でしたが、
二度目があるかどうかもわからないし、
思い出深い旅行となりましたヽ(^o^)丿

一応、日記に残しておこうと思い、長々と綴りましたが、
お付き合いありがとうございました~(*^^)v




スポンサーサイト
旅行 | コメント(2)
コメント
沢山の思い出を~
こんな風にまとめていると記憶が薄れてきても
はっきりと思い出せて良いですよね。

これを先日家でやったようにブルーレイに落とすように
いずれされるといいですね、

多分ビデオVHSのデッキなどはそのうち生産されなくなると思います。
レンタル業界がこぞってブルーレイにOKを出したそうですから・・・

パパさんはもうドイツに行かれたの?

滋賀は寒そうだけど、お家の中の空気も一人欠けると寒いよね。
家でも体験したことあるわ。
*かすみちゃん*
そうよね~~これからはブルーレイの時代だものね♪
我が家にやってきてくれたらそうします~v(o^▽^o)v

パパは5日にドイツへ戻りました♪
あちらも雪が降って寒いようです。

かすみちゃんもパパさんの単身赴任を経験してるので
同じ思いをされたことありますね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。